2015年06月13日

碧南の名所。阿弥陀如来と金剛力士像の海徳寺

碧南市音羽町にある海徳寺には、国指定重要文化財木造阿弥陀如来坐像が安置されている。
南面山天寿院海徳寺は、浄土宗西山深草派に所属している。

浄土宗西山深草派の総本山は、京都にある誓願寺。
先のBlogで記述した、落語の祖、安楽庵策伝上人と同じ宗派だ。

碧南には数多くの寺院があり、そのほとんどが大浜地区にあつまり、また宗派が異なる。
その中でも、落語の祖、安楽庵策伝上人と同じ宗派、浄土宗西山深草派の海徳寺には、
阿弥陀如来坐像と金剛力士像が安置されている。

海徳寺を訪れた際、手にした寺報から、紹介していきます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

海徳寺は、室町時代、後花園天皇は治めた寛正3年(1462年)開山守翁西演和尚が諸国行脚の折、
風光明媚、気候温暖な碧南市に立ち寄り、草庵(わら・かやなどで屋根をふいた草ぶきの小さな家)を
結んだ(建てた)のが始まりで、現在に至るまでその法灯(仏の教え)を受け継いでいる。

江戸時代には、徳川家の御朱印寺(社寺参拝の後、願い出ればその社寺の朱印を授かることが出来る。
朱印帳にその社寺の寺社名や本尊を墨書のうえ、祭神・本尊の朱印が押印される。
この朱印は、その社寺の祭神・本尊の書き写しを意味する。
つまり、朱印そのものが参拝者の守護を意味する)として栄えた。

現本堂は、八間四面(14.5mの4面)にして檜材無節にて20代審空和尚のときに4年の歳月を経て、
嘉永元年(1848年)に再建された。

堂内の漆塗りの柱や極彩色の欄間、格天井などの豪華さは近在に稀であり、
内陣の天井には花鳥風月が描かれて極楽浄土を思わせている。

現在では三河十二支霊場の戌亥の守本尊である阿弥陀如来の札所として、
また、三河新四国霊場として参拝者が多く訪れている。

海徳寺 (10).JPG

本尊阿弥陀如来坐像
本尊阿弥陀如来坐像は江戸時代まで伊勢神宮域内の神宮寺の本尊として安置されていた仏像である。
明治初年の「神仏分離令」により仏教の抑圧排斥運動が盛んとなり、全国各地で仏堂、仏像、経文などの
破壊が行われた。本尊も廃棄されようとしていた。
これを聞いた海徳寺22代寂空和尚が檀信徒総代とともに、神宮寺におもむき、大仏と仁王像その他を
譲り受け、海路にて大浜(碧南市)に運び、本尊として安置した。
時に明治2年(1869年)春4月のことであった。
その大きさから地元民より、「大浜大仏」と称せられ今日におよんでいる。
文化庁の調査から、像内銘には僧良仁が願主となり、長承3年(1134年)から
保延2年(1136年)にかけて造立したことが明らかになった。
本像は数少ない平安時代在銘の丈六坐像で、なおかつ伊勢の神宮寺の本尊であったという意味において
美術的、文化史的意義は大きく、重要文化財として国の認定を受けた。

木造漆箔の丈六仏坐像は彫眼、余木造り、來迎印を結ぶ阿弥陀如来で、光背には舟型をした千仏光背で、
千仏の間には十二光仏が配されており、内陣天井の中まで入るほどの高さである。(床より約700センチ!)
御顔は温容のうちに大きな力を秘め、五指の間の水かきの膜は一切の衆生をもれなく数区という
大誓願のあたたかき心のあらわれたお姿である。

※丈六仏とは、立像の場合、高さが一丈六尺(約480p)の仏像をいう。
これはお釈迦様の背丈が一丈六尺であったとする言い伝えから決められている。
坐像の場合は立像の高さの半分の八尺(約240p)となる。

残念ながら撮影禁止でした。


阿弥陀如来立像
高さ93p 鎌倉時代
本堂内西脇檀に安置されている本像は、現在の本尊阿弥陀如来(大仏)が安置される以前の本尊で、
十二支の戌亥年生まれの守本尊として多くの信仰を集めている。この世の悩みや苦しみを取り除き、
多くの幸をもたらし、仏の力によってほとりも漏らさず西方極楽浄土へ導かれる。


金剛力士像
高さ 222p 鎌倉時代
本尊阿弥陀如来(大仏)とともに当寺に渡り、山門の両脇に安置されている。
強大勇猛で仏教の守護神とされ、わらじの奉納は心身を丈夫にするといういわれにあやかり、
諸病平穏を願う信仰者が訪れる。
市内唯一の仁王像で、碧南市文化財に指定されている。
海徳寺 (7).JPG海徳寺 (3).JPG


参考・引用
海徳寺作成の寺報

文化#01-2


The investigation of cultures and arts by director.
This blog director reblogged editing .
posted by 館長 at 16:47| Comment(0) | 文化の源流をめぐる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: