2015年04月27日

落語の起源はお説教

 碧南市芸術文化ホールでは毎年、落語公演を催しており、
昨年に引き続き、今年度の公演も落語会からはじまる。

20150424172830_00001.jpg

 落語は歴史があり大衆的で一般的、滑稽で人情味が溢れ、
話の内容や語り口調、そして独特の仕草で世界感に引き込まれていってしまう。
いつどこで聞いても、シチュエーションを問わず楽しめるのが落語の素晴らしさだろう。

 しかし、落語についてどこまで知っているのかと聞かれると少し戸惑ってしまう。
なぜなら歴史や成り立ちまで深く掘り下げたことがなかったからだ。

 よい機会なので、落語について考察してみたい。


 落語といえば、昔から伝わる伝統芸能のひとつで、
今でも老若男女問わずテレビやラジオ、寄席やホール公演で親しまれている。

 お年寄りが好むもの、といった認識は一昔前の話で、
今では中高年の夫婦や若い男女をはじめ幅広い年代の方に好まれる文化である。

 落語はもともと「落とし噺(ばなし)」といい、落ちのある滑稽なものを指していた。
落とし噺を始めたのはどういった人物だったのだろうか。

 落語の起源を辿っていると、ある一人の人物に辿り着いた。

 浄土宗西山深草派総本山誓願寺(じょうどしゅうせいざんふかくさはそうほんざんせいがんじ)の僧侶
第五十五世法王「安楽庵策伝上人(あんらくあんさくでんしょうにん)」である。


誓願寺第五十五世法王、安楽庵策伝和尚とはどのような人物だったのか。

 安楽庵策伝は、現在の岐阜県山県市で生まれ、
全国を修業し精力的な布教活動で多くの寺院を建立・復興した。
その後、再び岐阜に戻り、浄音寺二十五世住職として過ごした後、誓願寺の第五十五世を継ぐ。
晩年は、誓願寺の塔頭竹林院の茶室「安楽庵」にて余生をおくり、89歳の命を終えた。
岐阜出身の古田織部と同世代を生きた人で、織部とも交流があり、
安楽庵流茶道を生み出した人としても知られている。


 当時、貴族など一部特権階級者が独占していた仏教を、策伝上人は民衆に、
しかも文字の読めない庶民に浄土宗の極楽浄土の教えを説いた。
ともすれば小難しくなりがちな「お説教」にふとした笑い話を含め、
人々にわかりやすく、また親しみやすく話されたという。

 ふとした笑いを込め、巧みな話術で伝えるなど、落語の源流となったに違いない。 

 また、体験、見聞録を出来るだけ面白く、さらに風刺、教訓、啓蒙的な要素を付加して、
巧みに記した「醒睡笑(せいすいしょう)」が後世の落語のネタ本となったことからも、
「落語の祖」と呼ばれるようになったようだ。
ちなみに法王を務めた浄土宗西山深草派総本山誓願寺は、落語発祥の地として知られている。



 ところで、碧南には数多くのお寺があるのをご存じだろうか。
なかでも大浜地区にはお寺が多く、てらまちウォークという寺めぐりのイベントも実施されるほど多い。

 そのなかに、浄土宗西山深草派のお寺、海徳寺(かいとくじ)がある。
国指定重要文化財の木造阿弥陀如来坐像が安置され、
山門には市内唯一の金剛力士像(市文化財)が安置されている寺院である。


海徳寺 (1).JPG



 碧南市に浄土宗西山深草派のお寺があることが分かったので、
海徳寺を訪ね、安楽庵策伝上人についてお寺の僧侶に伺った。

 「宗祖ではないので、特別、修行などで策伝上人のお話が出てくることはないのですが、
説教に「オチ」をつけ親しみやすく話をしたことが、落語の祖と呼ばれている所以でしょう。
今でも誓願寺には、著名な落語家がお参りに来ていますよ。」(浄土宗西山深草派海徳寺僧侶 談)

 急に訪ねたにも関わらず、丁寧にお答えいただき感謝いたします。


海徳寺 (12).JPG
海徳寺についてはまた別の機会に触れることとする。



次に落語を広めた人物を探る。


 ときは江戸時代、5代将軍徳川家綱の頃。
京の四条河原や北野などの大道で、観客はござに座り、机のような台に座って滑稽な話をし、
銭を得るという「辻噺(つじばなし)」が流行った。露の五郎兵衛という人物だ。
少し遅れて大阪の生玉神社境内で、小屋掛けの辻噺を行って評判をとったのが米沢彦八。
また同じ頃、江戸でさまざまな屋敷に招かれて演じる「座敷噺」で評判を得たのが鹿野武左衛門。

いずれも不特定多数を聴衆として料金を取っていることから、彼らを「落語家の祖」と呼んだ。


 「落語の祖」と呼ばれている浄土宗西山深草派の安楽庵策伝上人。
露の五郎兵衛、米沢彦八、鹿野武左衛門ら「落語家の祖」。

 まだまだ落語の文化は奥が深そうだが、今回はここまでとする。


文化#01-1


参考・引用
*文化デジタルライブラリー webサイト http://www2.ntj.jac.go.jp/dglib/contents/learn/edc20/rekishi/rakugo/index2.html
*浄真寺 webサイト http://www.jiin.or.jp/
*浄土宗西山深草派総本山誓願寺 webサイト http://www.fukakusa.or.jp/


The investigation of cultures and arts by director.
This blog director reblogged editing .
posted by 館長 at 00:00| Comment(0) | 文化の源流をめぐる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: